エンジニアのビジネススキルの必要性

エンジニアの不足が長く続いています。
マイナンバー制度の開始など新たなサービス提供に伴い、それに対応するシステム構築が急がれているからです。
けれどもエンジニアの人口はまだまだ足りず、多くのプログラミング専門学校には多くの人が通っています。

ここで課題となるのは、単なる技術者は増えてもプロフェッショナルな人材は少ないということです。
プログラミングはある程度パターンが出来上がっているので、パズルを組み合わせるように誰もが簡単に行えるようになっています。
またハードウェアの性能が高まっていることから、それほどに効率化を考えたアルゴリズムも必要とはされていないものです。

しかも、プロジェクト全体を統括できるようなマネジメントスキルを持つ人材はさらに少ないとされます。
そこで、ビジネススキルを磨くことで、さらなるキャリアアップを図ることが可能になります。
高度なコミュニケーション能力でクライアントの希望するものを導き出し、それを元に効率的な仕様書を作成することが可能となります。
現場でも完成後に修正を迫られることも少なくなるので、コストや作業負担を削減できます。

そのような一般的なビジネススキルを目指す人も少ないので、極めてニッチなキャリア形成への道であることがわかります。
そのためにも休日などを利用して自己管理を行い、自らを高めるための自己啓発を行うことが大事です。
その結果、将来のエンジニアとしての選択肢の幅も広がることになります。

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト