ビジネスのギャップを乗り越えるエンジニア

初めてビジネスの分野に足を踏み入れた新人は、ビジネスの厳しさにこれまでの認識との大きなギャップを感じがちです。
始めは何とかなるとタカをくぐっていた新人も、いざ仕事を始めてみると挫折感を味わいます。
ビジネスでは失敗が許されず、慎重さが求められます。特に、重要性が高い責任の重い開発の仕事となると、その開発に関わるエンジニアには大きな重圧がかかります。

当初描いていた晴れやかな活躍の夢も、打ち砕かれてしまいます。
しかし、そこから上を目指して立ち上がることができるかが重要です。
エンジニアとして果たすべき仕事のノウハウを少しずつ身につけていければ、着実に実力が高まります。
始めはハードルが高いと感じていた仕事の内容も、次第に上手くこなすためのポイントが掴めます。
そうなると、感じていたギャップも少しずつ埋め合わされていくでしょう。

そのため、たとえ当初の頃は仕事がうまくいかなくとも、そこで立ち止まらないことです。
ギャップを乗り越えた先に、エンジニアとして成長する大きな可能性が待っています。
またさらに、開発現場での先輩からのアドバイスは、新人にとって大変役に立ちます。
新人の間には面倒に感じていた先輩からのアドバイスも、実際に仕事の経験を重ねて振り返ってみれば、もっともな内容のものが多いです。
いずれは先輩の立場となって、後輩にアドバイスする時が訪れます。そのような時、ギャップを乗り越えてアドバイスができる先輩に成長できているかが重要です。

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト